JFEみやざき倶楽部

TEL:043-268-6800

住所:千葉市中央区宮崎1-15

   JR内房線蘇我駅から徒歩15分

   京成千原線千葉寺駅から徒歩7分

営業時間:11:30~21:00 (会議使用時は9:00~21:00)

定休日:年中無休(ただし、お正月・館内点検日は除く)
   

※お食事のご利用は、4名様よりお願いいたします。
※ご予約は、ご利用日の3日前までにお願いいたします。

JR蘇我駅から少し歩いた坂の上にある『JFEみやざき倶楽部』。海沿いの製鉄所を持つJFEの関連施設ですが、一般の方も利用でき、当地で地元の人に愛されて四半世紀を迎えました。館内には和室や最大200人が一度に入れる大きなホールがあり、会議やパーティ、宴会などで県外・国外からのお客様を迎えることもあります。

市内はもちろん、日本全国から、そして海外からの

お客様へのおもてなしに…地元産の食材を

高山料理長(左)と和食の阿部さん(右)

今回お話を伺ったのは、光橋支配人と高山料理長。

高山料理長は、みやざき倶楽部に勤め始めて10年以上、以前はホテルなどで洋食を中心として腕を奮ってこられたといいます。

「千葉市つくたべプロジェクトに参加したことで、千葉には全国トップクラスの生産量を誇る食材がたくさんあることに改めて気付くことができました。」(光橋支配人)

 

「今までは千葉の食材を使いたくても仕入れることが難しかったのです。つくたべプロジェクトによって市内産の野菜を使えるようになってきました。」(高山料理長)

 

『みやざき倶楽部』では、千葉市産の野菜をはじめ、とことん千葉県産にこだわった「コレ千葉盛り込みプラン」を宴会プランの一つとして提供しています。

 

地元のものを食べられるため、千葉県外からのお客様にも好評ですが、地産地消にこだわった料理を出すことで、地元の人からも千葉の食の豊かさを再認識したとの声をもらうこともあるといいます。

メニューは季節によって内容が変わり、和食・洋食それぞれの専門の料理人が高山料理長とともに季節ごとの旬の食材を使って考えているそうです。

『みやざき倶楽部』さんでは、千葉市つくたべ推進店登録の食品卸売事業者である『ファーム・サポート』さんから市内産野菜を仕入れていますが、高梨農園さんなどにも直接、出向くこともあるといいます。

製鉄会社ならではのほかにはないビールの出し方

ちなみに宴会につきもののビール。『JFEみやざき倶楽部』では、JFE社製のスチール缶!に入った缶ビールが提供されます。製鉄所を持つ会社ならでは。スチール缶の缶ビール、是非、自身の目で確かめてみてください。

受付カウンターは高炉の熱に耐えた

カーボン煉瓦が使われています

主に宴会での利用が多いお店ですが、お昼のランチは4名様から楽しむことができます。年末年始、宴会の会場選びに迷っている幹事さん!今年は、『JFEみやざき倶楽部』で地産地消にこだわった宴会を企画されてはいかがでしょうか。バスによる送迎の相談にも応じてもらえます。詳しくはお問い合わせください。

©2016-2019  千葉市つくたべプロジェクト運営事務局