今日和 幕張ベイタウン店

TEL:043-211-5055

住所:千葉県千葉市美浜区打瀬2-14

   パティオス11番街(バレンタイン通り)

   JR海浜幕張駅から徒歩12分

営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー21:30)

定休日:無休

幕張ベイタウン“バレンタイン通り”に『今日和(こんにちは)幕張ベイタウン店』があります。さかのぼること2005年、千葉ロッテマリーンズが優勝(!)したときに、この通りでパレードを行いました。当時の監督、ボビー・バレンタインにちなんで名づけられた由緒ある通りなのです。さらになんと、番地も2丁目14番地!・・・偶然というか必然というか、なんとも素敵な立地です。

千葉市産の野菜って…

「お店のオープンは、2011年4月1日。その当時はまだ地産地消に積極的に取り組んでいたわけではありませんでした。鶏肉や豚肉は千葉県のものを使用していましたが、野菜の方に関しては『千葉の野菜』と言っても、何が有名なのか、何が採れるのかとか分からなかったです」(篠崎店長)。

 

シェフも務める篠崎店長のご出身は鴨川市。しかし今では東千葉の方にお住まいで、毎日、車で出勤しているようです。『今日和』を運営する株式会社レプコ(http://www.repco.co.jp/)に勤められて16年、今の店舗の幕張ベイタウン店に来て7年目とのことです。

旬のおいしい野菜=地元で採れる野菜=季節が感じられる料理を出そう

お店に入ってすぐ目に付くのは、厨房カウンター上にある大きな黒板。そこに『季節のおすすめ』メニューが書かれています。

取材時には千葉市産のサツマイモ「紅あずま」と「長ネギ」が使われていました。

地産地消への想い

「毎週、千葉市の野菜は使っています。例えば『万願寺唐辛子』なんかもこの前使いまして、お客様に『これ、ピーマンじゃないの?辛くないんですね』って言われました(笑)。こういった、お客様との会話のきっかけになるのが、千葉市の食材を活用する上でいいですね。」黒板に書かれるおすすめメニューはその日の仕入れ次第。1ヶ月同じメニューの場合もあれば、短期的なメニューもあるそうです。

人気メニューは、『にんにくチーズトマトソース』や『ペペロンチーノ』。にんにくがたっぷり入っていて食べごたえがあるそうです。そのほかにも、『今日和風温製サラダ』は、キノコ、サツマイモ、ブロッコリー、レンコン、スナップえんどう、トマト、レタス、ベビーリーフと8種類の野菜(※季節によって変更あり)が入っています。野菜を生で提供するだけではなく、炒めたり蒸したりして野菜の旨味を引き出しているそうです。

「千葉市に野菜があるということを、まだまだ知らないという方もいると思います。その地域の野菜を採ってすぐ食べられるから、新鮮で美味しい。それを知って食べてほしい。千葉が好きなので、食べ物から千葉のいいところを知ってほしい。今後は、生産者さんと連携したイベントなどにも積極的に取り組んでいきたい。」

「千葉市を一緒に盛り上げていく」という熱い気持ちで答えて下さった篠崎店長でした。

©2016-2019  千葉市つくたべプロジェクト運営事務局