レストラン澪

TEL:043(237)8011

住所:千葉市若葉区下田町971

    千葉都市モノレール千城台駅から

    バス「御成台車庫」下車徒歩5分

    または「情報大学東門」下車徒歩1分

    京葉道路「貝塚IC」から約20分

    「松ヶ丘IC」から約25分

    駐車場53台(うち大型2台・身障者用1台)

営業時間:バイキング・火~日・祝 11:00~ 14:00 ラストオーダー

                 ドリンクバーのみ14:30~15:30(食事はございません)

​定休日:月曜日

千葉市若葉区、東京情報大学の裏に千葉市民ゴルフ場とならんで、下田農業ふれあい館があります。下田農業ふれあい館は、平成20年に若葉区下田町にオープンしました。地元農家が作った農産物が買える直売所と、和食の惣菜を中心としたバイキング形式の『レストラン澪』があります。

直売所の新鮮で旬の野菜を使って地元の家庭料理を

​石橋さん(左から二人目)にお話しを伺いました

「レストラン澪」では、地元の女性が、直売所で販売している新鮮な農産物を使用して、昔から食べ継いできた郷土の家庭料理を提供しています。どの料理も丁寧に作られていて、懐かしくてほっとする美味しさです。お話を伺ったのは、調理担当の石橋さん。立ち上げからのメンバーです。「レストランの運営は初めてでしたので、大変なこともありました。澪には、最初のメニュー決めから関わっています。豪華な料理ではありませんが、直売所にその時期あるものを使って作っています。昔から地元で食べられてきた家庭料理を味わっていただきたいです。」

「澪」では地元で採れた旬の食材を使用するため、季節によってメニューの変更があります。現在は、冬に向けて体を温める食材を使用したメニューになっています。おすすめのメニューを伺ったので、石橋さんのコメントと併せて紹介します。

~『レストラン澪』の秋から冬のおすすめメニュー~

【大根とこんにゃくの田楽 ゆず味噌添え】

ゆず味噌は味噌に地元産ゆずや砂糖を入れた自家製です。

大根のばっちゃん漬け】

砂糖・塩・酢などを使って大根を漬けました。べったら漬けをさっぱりさせたようなお漬物です。

【大根葉のしょうゆ漬け】

大根の葉とは思えないほどおいしいです。小松菜で作ることもあります。

【ニンジン・大根・キュウリのピクルス】

寒くなるとニンジンも甘く、おいしくなります。

【しょうがごはん】

これから旬を迎える露地物のしょうがを炊き込んだご飯です。

そのまま食べても爽やかでおいしいですが、お客様のなかにはしょうがごはんにカレーを

かけて召し上がる方がいました。よりスパイシーになります。

​ニンジン・大根・キュウリのピクルス

​こちらは旬菜の炊き合わせ

「柚子の砂糖漬けもおすすめです。秋も深まり、黄色いゆずが出回るようになると作ります。砂糖と柚子を混ぜて一晩~漬け置くだけですが、『レストラン澪』のものは、家庭で作るのとは一味違い、とろんとするんです。お客様に、砂糖以外にもはちみつとか入れてるの?なんて聞かれることもありますが、材料は二つだけです。たぶん、一度にたくさん作るのがいいんでしょうね。」

料理の中には大量に仕込むことで美味しくなるものがあるんですね。今の少人数世帯ではなかなかできないことも多いので、ぜひ澪で食べてみてください。この他、春や夏に出していたものでは、新玉ネギのマリネやそうめんかぼちゃの酢の物なども人気があったということです。

たまにはちょっと足をのばして

心のこもった地元の郷土料理を食べに行きませんか!

​豊富なメニューのランチバイキング

もともとお料理が好きという石橋さん。家でも野菜の料理をよく作るといいます。澪で食べて気になった料理は、お店の方に聞くと、簡単な作り方も教えてくれますよ。

 

レストランと直売所が一緒になった下田農業ふれあい館で、のんびり田舎のお惣菜ランチと地元の農産物のお買いものを楽しみ、地産地消を満喫しませんか?​